稲庭(いなにわ)うどん

秋田県南部の手延べ製法の干しうどん。ひやむぎより若干太く、やや黄色味かかった色をしている乾麺。製造工程は、食用植物油を使用せず打ち粉としてでん粉を使う点や、乾燥前につぶす事による平べったい形状が特徴。麺は気泡により中空になっており、そのために食感は滑らか。稲庭うどんについて記述のある「稲庭古今事蹟誌」によると、寛文年間以前に秋田藩稲庭村小沢集落(現:秋田県湯沢市稲庭町字小沢)の佐藤市兵衛によって始まると伝えられている。また、その製法技術は、日本海交易により福岡からもたらされたとする説や山伏から教えられたなどの諸説がある。


⇒稲庭(いなにわ)うどん



「稲庭うどん」が初めての方におすすめ!

稲庭うどんお試しセット

「B-1グランプリ」で優勝 横手焼きそば

横手焼きそば(よこてやきそば)は、秋田県横手市周辺で販売されているソース焼きそば。

B級グルメの大会「B-1グランプリ」で優勝1回、準優勝1回している。

味は比較的甘口で、各店独自の出汁入りのウースターソースで味付けされるため、若干水分が多め。キャベツや豚のひき肉などが具として入り、店によってはホルモンが入るところもある。また大きな特徴として片面焼きの目玉焼きがトッピングされている。目玉焼きの黄身を崩して、ちょっと多めのソースと絡めて食べるのが横手流。麺は縮れた蒸し麺ではなく茹でたストレートの角麺を使い、柔らかくしんなりとした出来上がりになる。付け合せとして、紅しょうがではなく福神漬けが付いてくる。

日本三大やきそばの一つ(ほか、富士宮やきそば・上州太田焼きそば)であり、ご当地グルメ(B級グルメ)である。

戦後(1950年頃)、「元祖神谷焼きそば屋」の店主であった萩原安治が、地元の製麺業者と協力しながら作り上げたのが始まり。1965年頃には、駄菓子屋などでも売られるようになった(ピーク時は100店以上に)。 昭和28年に横手を訪れた作家:内田百閨iうちだ ひゃっけん)の雪解け横手阿房列車には、横手やきそばについて「朝の光で、上に丸く乗った、まだ潰さない黄身がきらきらと光った」と書き綴られている。

この地元で愛され育まれてきた横手やきそばは、2001年に、やきそば好きの横手市男性職員の一人が、やきそば提供店を食べ歩きをしてホームページを作り、これがマスコミに取り上げられ第1次ブームとも呼ばれる。これを機に横手やきそばを利用した町おこしが始まる。以後、横手市では、横手やきそば担当という新たなセクションを産業振興・観光セクションに設け、この市職員を初代・横手やきそば担当とした(現在4代目)。

この年に市内のやきそば提供店が中心となって「横手やきそば暖簾会」を設立。2008年には、地域団体商標申請も視野に入れ協同組合化も実現し、第2次ブームを迎えた(地域団体商標は2009年7月7日出願・地域団体商標登録願2009-051140号)現在、協同組合横手やきそば暖簾会は42店舗)。

スーパーマーケット向け商品の開発や販売促進、「B-1グランプリ」をはじめとしたグルメイベントへの出店などでPR活動を続けている。また東北6県限定で、ブルドックソースから地元のと共同開発した横手やきそば用のソースが発売されている。

2007年から、市内の横手やきそば店の資質向上を目指し、横手やきそば好きが集まった「横手やきそばグランプリ実行委員会」が結成された。毎年秋に、その年の四天王決定戦を実施している。はじめに覆面の審査員が、およそ2ヶ月間、覆面(麺)の食べ歩き調査(予選会)を夏に行い、上位10店舗を選出。本選の四天王決定戦は、秋田ふるさと村で実施され、上位4店舗がその年の四天王店として認定され、1年間営業できることになっている。

2010年1月から、横手やきそば道場を定期的に開催(横手やきそば暖簾会主催)、公認店舗として横手やきそばを提供しようとする全国各地の愛好者に門戸を広げる活動を始めた。

B級ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」には第1回から継続して出展しており、八戸市で開催された第1回(2006年)では2位に入り、地元・横手で行われた第4回(2009年)でゴールドグランプリ(優勝)を獲得した。2010年1月中旬からは、ファミリーマートにて半熟卵を添えた商品が発売中である。


⇒「B-1グランプリ」で優勝 横手焼きそば

秋田県仙北市周辺 神代カレー

神代カレー(じんだいカレー)は、秋田県仙北市周辺で販売されている合掛けのカレーライス。正式名称は"あいがけ神代カレー"。2005年12月に「農業を観光や商業と連携しながら、神代地域を元気にしていこう」という目的で、秋田県仙北市の田沢湖近郊の神代地区を中心とした地域の有志30名で発足し、2008年3月よりこの神代地区の町おこしの一環として正式に活動を展開している。また、秋田県の地域活動支援室より補助金の支援を受けて活動資金の一部としている。

1950年代後半以降、秋田などの東北地方の田舎にもカレー粉がようやく普及し、神代地区(当時:神代村)の家庭ではフライパンで少量のカレー粉をたくさんの小麦粉とそれぞれ練り合わせ、カレーのルゥを作っていたと言われている。具材には野菜のほか、牛肉や豚肉などの畜肉がなかなか入手できなかった1950年代後半〜1960年代前半、当時のこの地域においては畜肉の代わりに鯖や鮭などの魚肉の水煮の缶詰や、魚肉ソーセージが使用され、鰹節のほか煮干しや昆布などでとった出汁を基本とした醤油味の和風ブイヨンで煮込み、手作りのルゥを入れてカレーのソースを作っていた。2000年代現在のカレーとかなり違いカレーソースそのもののコクや香辛料の香りがかなり少なく、後からウスターソースをかけて食べるのが一般的であった。当時、子供が食べることができた香辛料の入った料理は唯一カレーライスしかなく、当時のこの地域の子供にとっては最も人気のあった家庭料理だった。

しかし、1960年代中盤以降に入ると『バーモントカレー』(ハウス食品)や『ゴールデンカレー』(エスビー食品)などに代表される板チョコレート状の固形ルゥの市販普及に伴い、さすがにこの調理方法はほとんど行われなくなったものの、現在の一部の家庭においては「おばあちゃんのカレー」として認識され今日に至っている。ちなみにこの神代カレーは1950年代〜1960年代当時の製法をほぼ再現し、具材には魚肉ソーセージとにんじん、じゃがいも、タマネギのほか地元産のエリンギなどを用いた昔風パートのカレーソースと、もう一方はデミグラスソースを基本とし、具材にはタマネギと豚肉などを用いた2000年代現在の今風パートのカレーソースを合掛けにしたものであり、トッピングとして片面だけ焼いた目玉焼き、もしくは半熟卵が用いられ、薬味には福神漬やラッキョウの代わりにいぶりがっこ(たくあんの燻製)が用いられているのがこの神代カレーの大きな特徴である。


⇒秋田県仙北市周辺 神代カレー

秋田県横手市ご当地ラーメン 十文字ラーメン

十文字ラーメン(じゅうもんじラーメン)とは、秋田県横手市(旧十文字町)を中心とする地域で食されるラーメン(ご当地ラーメン)。

あっさりとした醤油味で煮干や鰹節などを出汁に使用した和風のスープとかんすいを全く用いず独特の食感をもつ細い縮れ麺が特徴である。また、具材に関してはチャーシュー、ねぎ、メンマのほかに店にもよるが麸と蒲鉾が入るのも特徴である。

現在、当地では横手焼きそばと並ぶ食の観光資源となっており、首都圏の物産展などで出店してくる場合には、同一の店舗が十文字ラーメンと横手焼きそばを扱う事もある。ちなみに、横手市十文字町の国道13号沿いにある「道の駅十文字」のフードコートでは、横手焼きそば、十文字ラーメンの両方を供食している。

1935年(昭和10年)ころ、マルタマ(まるたま食堂)が創業したのが始まりとされる。あっさりとしており、かつて重労働の多かった時代におやつ代わりに食されることも多かったという。


⇒秋田県横手市ご当地ラーメン 十文字ラーメン

秋田県の鍋料理 かやき

かやきとは、主に秋田県など日本海側の東北地方で食べられる鍋料理の一種。かやきとは、貝焼きが訛った言葉であり、現在でもこの種の鍋料理を「貝焼き」と表現することがある。

大きな貝殻(ホタテが多いが、アワビの貝殻が用いられる事もある)を鍋代わりとし、季節の魚(ハタハタ、カワヤツメなど)、野菜、豆腐、茸などを味付けしただし汁で煮込む料理で、寄せ鍋の調理法と類似している。ハタハタの場合、調味にしょっつる(ハタハタから作られた魚醤)を用いる事から、しょっつるかやき(貝焼き)と呼称する事もある。

また、カワヤツメのかやきは、新鮮なカワヤツメをぶつ切りにしてネギやゴボウと共に味噌味のだし汁で煮た鍋である。日本で賞味されることの少ないカワヤツメの鮮魚を用いた秋田の冬の味覚となっている。

「かやき」は、本来は貝殻を用い、貝からの出汁も利用しようとするものであるが、秋田県内陸部などでは貝を利用しない鍋物料理も「かやき」と呼ばれることが多い。

なお、貝殻を用いる鍋料理の方法は『料理物語』などで古くから知られており、島根県には鴨肉やセリを用いたすき焼き風の貝焼きがある。こちらは貝焼き(かいやき)と呼ぶ。


⇒秋田県の鍋料理 かやき

秋田県に伝わるいぶり漬け いぶりがっこ

いぶりがっこは秋田県に伝わるいぶり漬けのことで漬物の一種である。大根などを囲炉裏の上につるして燻製にしてから、主に米糠と塩で漬けこんだもので、燻製にする点を除けば沢庵漬けと似ている。囲炉裏の煙で燻すため、表面に黒い色がつくことが外見上の特徴である。雪が多く日光や風に晒して水分を抜くのが難しかったために発達した加工法とみられる。

いぶりがっこという呼び名は、秋田県湯沢市の漬物製造業者(雄勝野きむらや)が製造するいぶり漬けの商標である。秋田の方言で漬物のことを がっこ(雅香)と呼ぶことから、その後、いぶり漬けではなくいぶりがっことして知られるようになった。

近年は囲炉裏が少なく、燻す際に出る煙が近所迷惑の原因になったり、作り手の減少で いぶり漬けが作られることが少なくなっている。 現在は燻製専用の小屋で作られることが多い。

横手市山内地区では、いぶり漬けの味を競う「いぶリンピック」が開かれる。

もっぱら青首大根(本来は白首の秋田地大根)が用いられる。ナラのスモークチップを用い、4-5日程度燻した後に玄米、ザラメ、塩、唐辛子、米ぬかと合わせ2-3ヶ月漬け込む。


⇒秋田県に伝わるいぶり漬け いぶりがっこ

秋田県の郷土料理 きりたんぽ

きりたんぽ(切蒲英)とは秋田県の郷土料理である。杉の棒につぶした粳米のご飯を竹輪のように巻き付けて焼き、棒から外して食べやすく切った物をいう。鶏がらのだし汁に入れて煮込んだり、味噌を付けて焼いて食べたりする。秋田県内では、冬場に学校給食のメニューとなる。

たんぽ
切る前の段階でのきりたんぽのことを指し、ほとんどの人がこれを「きりたんぽ」と思い込むが切っていないので「たんぽ」という。「たんぽ」とは本来稽古用の槍につける綿を丸めて布で包んだものを指し、杉(秋田杉)の棒に半殺し(半分潰すという意味)のご飯を巻き付けたところがたんぽをつけた槍(たんぽ槍)に似ていることからその名が付いた。

みそつけたんぽ
焼いたたんぽに味噌を塗って食べるもの。みそたんぽとも呼ばれる。

きりたんぽ鍋
鶏(比内地鶏)のガラでとっただし汁をベースにこいくち醤油、酒と砂糖(または味醂)で醤油ベースのスープを作る。煮え難い順にゴボウ(、しらたき、サトイモ、卵巣を含む鷄モツ)、マイタケ(金茸、銀茸)、比内地鶏(、つみれ)を並べ中火で煮立てる。きりたんぽとネギを入れ、味が染みる直前でセリを投入する。セリに火が通ったら完成(カッコ内はオプションとして好まれるもの)。
比内地鶏が品種開発される以前は比内鶏のものを用いていた。比内地鶏が手に入らない場合はブロイラーのトリガラ、もも肉、鳥皮、ネクタイ(首の肉)で代用すると良い味が出る。
基本的に鶏ベースのキリっとした醤油スープ。具材については邪道とされるものがいくつかあり甘味と水分が多く出る白菜、風味が変わってしまう魚肉(竹輪などの練りもの)、匂いが変わるニンジン、風味が変わるシイタケは入れない。基本はゴボウ、鶏肉、マイタケ、ネギ、たんぽ、セリの6種である。

家庭料理であることから、もともと鍋に入れる鶏肉に決まりはないが、比内地鶏は煮込んでも硬くなりすぎず鍋物に最適なことから、比内地鶏の産地である大館市の企業がセットで売り出すことに成功した。その後鹿角市が発祥、大館市が本場に定着し、秋田県の郷土料理として広く親しまれるようになった。一方で県北部が起源であるため由利本荘市、大仙市、横手市、湯沢市周辺の県南部では北部ほどのなじみはない。県南部は山形県や宮城県などで広く行われている芋煮会の分布範囲である。

また、マタギが山から帰った際、残した飯を潰して棒につけて焼き、獲物のヤマドリや山菜、キノコとともに煮たり味噌をつけて食べたりしていたため、秋田県北部に住むマタギの料理が起源だったとも考えられているが、きりたんぽは当時最高の贅沢であった米の料理法の一種であったのではないかと当の阿仁町(現・北秋田市)のマタギは明確に否定している。「冬に米が食える身分なら(わざわざ危険を冒して)冬山に登らない。マタギにとっての狩りとは米を食えない身分が生存権獲得のために行うギリギリの(山神から食を賜る)宗教行為なのであって、おにぎり片手に行うハンティングではない。」と断言する。

秋田 そば・ラーメン 林泉堂


林泉堂 しょっつるラーメン

しょっつるはハタハタやイワシを塩漬けし、骨が溶けるまで発酵させたものの上澄みで秋田伝統の調味料。
魚の旨味のエキスをたっぷりと含んでいます。
熱を通すと旨味がでてくるので、ラーメンのスープにコクと深みを与えます。

秋田比内地鶏ラーメン

豊潤な大地が育んだ野菜と地鶏を贅沢に使い時間をかけて丁寧に旨みを引き出しました。

林泉堂 ギバサそば

横手産そば粉、男鹿産のギバサを使用。
旬のギバサを練りこみ、風味豊でのど越しよく仕上げた本格おそばです。

林泉堂 あつあつ亭の横手焼きそば

秋田県横手地方に伝わるどこかなつかしい屋台風味の焼きそばです。B1グランプリ、マスコミ、インターネットで話題の「横手焼きそば」です。

林泉堂 十文字ラーメン

県内外で有名な十文字ラーメンは、これぞ醤油ラーメンといえるあっさりとした醤油ベースの魚介系スープ。
稲庭うどんの製法を用いたコシのある麺がよく合います。

林泉堂 黒挽きそば

玄挽きとは、そばの実をあま皮ごと挽いてそば粉を作ることを言います。

林泉堂 秋田比内地鶏ラーメン 味噌

創業150年を越す伝統の蔵元『安藤醸造元』の味噌を使用。
比内地鶏の旨みと香り高い味噌の風味。今までにない味噌ラーメンができあがりました。

林泉堂 秋田比内地鶏ラーメン 醤油

創業150年を越す伝統の蔵元『安藤醸造元』の醤油を使用。
比内地鶏の旨みと香り高い風味。今までにない醤油ラーメンができあがりました。

話題の淡麗味・秋田比内地鶏ラーメン

友達と一緒に食べたのですが、友達も「とっても美味し〜い」と喜んでくれました!!
スープも美味しいし麺の細さもちょうど良くて、また食べたくなるお味です。

稲庭本生うどん

冷麦に近いような見た目ですが、コシがあり、おいしく頂きました。

あいがけ神代カレー

話題のB級グルメ「あいがけ神代カレー」が楽天登場!一皿でふたつの味を楽しめるあいがけカレーです。

秋田名産 秋田のバースプレィスおおがた


21年産 青大豆

21年産です、ぜひ味わって下さい。
百姓がのんきに作った豆ですから、すべて手作業です。春に種を蒔き、
秋に刈取収穫したものです。
田舎の豆らしく形や大きさは不揃いです。

秋田県産 大潟育ち うどん

大潟村の力と知恵の結晶が「大潟育ち」です。
特別に育てられた秋田の優良品種小麦を100%使い、昔ながらの製法で自然乾燥して作られためんです。

秋田の田舎漬け いぶりたくあん

季節限定販売です。いぶりがっこ。
秋田の名物いぶりたくあんです。
燻ってますから独特の味と香りでやみつきになること間違い無し!
おかずにもおつまみにも最適。

秋田の田舎漬 粕漬

秋田銘酒のこくのあるまろやかな風味を 漬物に再現しました。
適度な甘さと歯触りの良さは、農林大臣賞3年連続受賞の粕漬けです。

秋田の田舎漬 あさ舞

きゅうり、かたうり、茄子、大根、菊、みょうが、しその実、生姜、ちょろぎの9種類の野菜を細かくスライスして蜂蜜とお酢で漬けました。さっぱりとしてこのままでも、マヨネーズにあえてサンドウィッチのしてもOKです。

秋田の田舎漬 味噌漬

厳選された野菜きゅうり、大根、人参を自家製味噌で3回漬けかえし、深みのある味に仕上げました。農林水産大臣賞3回受賞の逸品です。売上ナンバー1のお薦め品です。野菜についている味噌は、化粧味噌と言って、漬けこんだ味噌ではなく、新たな仕上げ味噌ですので、焼きおにぎり、野菜類の薬味などにもご利用出来ます。

大潟育ち 秋田みそ

保存料、着色料は一切使用しておりません。
詰め替えに最適な袋タイプです。

秋田の田舎漬 みずの実とわらびのほっとな仲間

山の幸の高級なみずの実と蕨、そして平鹿平野ののどかな所で育った人参、菊、しその実のコラボレーション…山菜の風味を逃すことなく似たもの同士の組合わせを、あっさりした味付けで仕上げております。ビールにも良し、お酒にもピッタリのお漬物です。

大潟村産黒豆「豊粒」煮豆の瓶詰め

豊穣な大潟村の大地で育った黒大豆を時間をかけ、じっくりと煮込みました。
ホクホクとした歯ごたえと、とろけるような甘味の黒豆をお召し上がりください。お茶うけやおせち料理にぴったりです。

秋田の田舎漬 味噌わかめ

岩手三陸産の茎わかめを味噌で漬け、生姜の味噌漬けは、みじん切り、わかめにからめますとまた風味が増します。この味噌わかめに、茸のエノキを茹でて混ぜても美味しい一品ができます。

秋田の田舎漬 白たくあん

秋収穫された大根をほどよく干して、むかしから受け継がれた伝統の味、麹、米、煎ったこぬかでつけてあります。

手造りよもぎ餅

ヨモギの風味がたまらない! 蓬ってこんなにおいしかった?
よもぎの香りがお口いっぱい!

辛子きゅうり

きゅうりを秋田銘酒の酒粕と和辛子で漬けました。パリパリとしたきゅうりの食感と、なんともいえない辛味が大人気の一品です。友人同士の語らいの場にも話が弾みます。

お菓子の栄太楼 秋田県秋田市


桜の季節限定!さくらゼリー

桜の季節限定!さくらの花びら舞うゼリー
春の味わい豊かなプレミアムスイーツはお祝い事のプレゼントや贈り物にも大人気です!

秋田代表銘菓4種が勢揃い!

職場の人達に差し上げました。明日楽対応で、確実に届けてもらい、助かりました。中身はどれも美味しく、特に御幸の華は好評でとても上品な風味でした。御煎餅も秋田の米所らしく、すごくいい香りで、本当の煎餅の味がしました。子袋に入っていたので、いろいろな味を試したい女性にはいいと思います。これで送料込みの価格、素晴らしいです!!かなりお勧めです。

ゆべし餅 くるみっ娘

クルミがもう少し大きかったら良かったかも。でも十分満足です。やわらか、もちもちで、絶妙の甘辛さ‥美味しくいただきました。

さなづら葛ようかん

ご当地限定スイーツ!飾らない素朴な味わいは、こしあんと相性抜群。

秋田代表銘菓さなづら

甘酸っぱく濃厚で、
ワインのような深〜い味わい♪ 秋田銘菓お土産に人気です

釣りキチ三平パッケージ!三平さなづら

木々も色づき秋も探るとかわいらしい黒色の実をたわわにつけた、 さなづらの房々が、赤褐色の葉の問々から顔をのぞかせます。

利久まんじゅう

生を楽しもう!ナマを味わおう!お手軽1つ90円♪

栄太楼こだわりのロールケーキ

秋田の素材たっぷり!栄太楼こだわりのロールケーキ

天皇 皇后 両陛下への献上の品。御幸の華

諸越とは“諸々の菓子に越して風味よろし” と名づけなれた秋田銘菓。
大正14年。昭和天皇が東宮殿下のとき、秋田にこられ、榮太楼は「御幸の華」を献上したのです。度々宮中への献上の栄を得ました御幸の華は、今日なお榮太楼自慢の銘菓です。

栄太楼特製生どらやき

伝統の味にひと手間加え、ふんわり仕上げました!

チョコっとどら

ふわふわの《生どらやき》と生チョコをおもちで包んだ《ハイカラこまち》

さなづら葛ようかん

ご当地限定スイーツ!飾らない素朴な味わいは、こしあんと相性抜群。

あきたこまちおかき


米どころ秋田の美味しい水で作りました。

つるるんっ!PACK

お見舞いからギフトまで食べやすいスイーツ揃い!

竿燈諸越

知人から頂いた竿燈諸越を子供が食べてすごくはまったみたいで、無くなった後もずっと「とうもろこし(もろこしの事)食べたいなぁ〜」と言っていたので、ネットで探して購入しました。
伯母と母にもおすそわけしたのですが、程よい甘さと好評でした。

ごまっこぷるり

なめらかやわらか、つるんっ!と豆腐風。初めての感覚!

さなづらゼリー

太陽の光をたっぷりと浴びた、芳醇な山ぶどうそのままの味と香り!

矢留の香り

紫蘇(しそ)と梅とに上手に工夫をこらした餡を、とろける様に柔らかな餅で挟んだ、香り高い餅菓子の一品。 軽い酸味と、なんとも言えない紫蘇の香りを放つ”矢留の香り”は昭和51年より長く人々に愛されているロングセラースイーツです。秋田へお立ち寄りの際のお土産に、ご贈答にご好評を頂いております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。